(題目程度:段位以上)
第一題 白先 提示:
被黑棋圍困住的白棋三子如何處理,輕易地放棄是不行的。
直接出動是俗手。正解的手段對專家們來說應該是常用的手筋。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○●┼○┼○┼●┼┼┼●┼┼┤
├┼┼○●●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼●┼┤
├┼┼┼○●┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼○●┼┼┼┼●┼┼┼●○┼┤
├┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二題 白先

提示:
如果急於拉回上邊一子就會失敗。
要活用左上方的白三子。
希望與右方白四個子聯絡上。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●○┼┼┼┼┼┼○●●┼┼┼┼┼┼┤
├●○●┼┼┼○●●○●┼●┼┼┼┼┤
├●○●┼○┼┼┼┼○○○┼┼●┼┼┤
├○●●●┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第三題 白先

提示:
黑棋的第一手誰都會想到。
白在一間跳時黑棋如何應是問題的關鍵。
注意左上角黑2子。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼○●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○○●┼○○●●○●●┼┼┼┼┤
├┼●┼┼●●●┼○○○┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○┼○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第四題 黑先

提示:
本問題的第一著與三題的一樣。
考慮征子關係。
是吃白五子呢,還是黑淨活?
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼○●●┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○●┼●┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○○○●┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●○○○○●○┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●●●●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第五題 白先

提示:
要殺死中央黑棋。
利用嚴氣手段。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●○┼┼●●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●○○○○●●●○┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼●┼┼●┼┼●○┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○○┼●●┼○┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼○○○○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第六題 白先

提示:
第一著樸實無華。
除此以外就不用提示了,但這正是一種提示。
┌┬○●●○┬●●○┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├○┼○●┼┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○●●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第七題 白先

提示:
不要認為左上角白二子無可救藥了。
角上有妙手。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼○○┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第八題 黑先

提示:
黑三子無路可逃。
白地狹窄如何利用。
┌┬┬┬┬●┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●┼○┼●○●○┼┼●┼┼┼┼┼┼┤
├●┼○┼●○┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●●●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第九題 白先

如果你認為這是《玄玄棋經》或《官子譜》中你所
熟悉的圖形而採用通常的手段,你準會失敗。
提示:
要全殲黑棋,不能只割尾巴。
通常的手段是嵌。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●○┼●●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十題 黑先

本題也是吳清源先生的得意之作。
提示:
左右同型走中間,此處可用否?
要活就不能不付出代價。
┌┬┬┬●○┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├○┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●●○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○○●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十一題 白先

提示:
在被黑棋圍困的五個棒槌子上尋求些手段。
右上二路被吃住的白一子會起些作用。
┌┬○●┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼○●┼●┼●○○●●○●┼┼┼┼┤
├┼○●┼┼┼●●●○○●●┼┼┼┼┤
├○●○○○○○●○┼┼○┼┼┼┼┼┤
├○●┼┼●┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●┼○┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十二題 黑先

提示:
白棋的地域比較大,黑棋如果能造成打劫就算成功。
┌┬┬┬┬○○┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
○○┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十三題 黑先

提示:
要破白棋眼位,走法只有一著。問題是以後怎麼辦?
白棋不會甘心被殺,因此就需要有鬼手。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●○┼○○┼○●┼┼○┼┼┼┼┤
├┼●┼●┼●○○○●●┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十四題 白先

提示:
打劫就是失敗。
左上角白棋的立將明顯發揮作用。
┌○┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├○●┼●┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○●┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼●┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○○┼○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十五題 白先

本題可稱作死活題小品,小巧玲瓏。
提示:
盡量避免打劫。雙活即可算成功。
下邊的兩個白子可利用。

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十六題 白先

提示:
黑棋挾持住白棋一子,看起來聯絡上的問題不大了。
白棋如能在這裡打開缺口就是成功。
提示只能到此為止....
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○●┼●┼●●┼○┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○┼○○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十七題 白先

提示:
黑棋相當堅固,白棋要想白吃黑棋是不可能的。
第1、2兩著必然,第三著是鬼手。
┌┬┬┬●┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●┼○●○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十八題 白先

平易地沖就要失敗。
不存在劫的問題,要無代價地全殲黑棋。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●●●●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●○○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第十九題 黑先

本題難度較高。它類似《官子譜》的圖形但手法卻
迥然不同。請想一下右方為什麼要放一枚白子。
打劫就是失敗。
黑3之著是鬼手。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼○●┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○┼●●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十題 白先

提示:
要全殲黑棋。
殺棋不要被殺。地域狹小,次序尤為重要。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●○●●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●┼○●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十一題 白先

談到鬼手似乎都是高級問題,其實不盡然。本題可
以算是中級水平,從手法上來講都是死活題中經常
遇到的手段。也許本題過於容易了。
┌┬┬●○┬┬┬○┬●┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●○○┼┼┼┼○○●┼┼┼┼┼┼┤
├┼●●●┼○○○●●●┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○○●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十二題 白先

提示:
本題較初級水平稍高一些。
這是讓子棋中常遇到的棋形。有些業餘初段棋手
往往處理不當而吃虧了。實戰中重要的是手筋。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●○┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十三題 黑先

對本圖,即使是相當高段的業餘棋手也馬虎不得。
本題無條件殺白。
┌●●●●┬●┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
○○●○●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十四題 黑先

提示:
黑棋只有三氣,徐圖進取就來不及了。
讓白棋作出兩眼就糟了。
┌┬┬┬┬○○●┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼○┼○○●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○○●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●●○┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十五題 黑先

提示:
若白先,黑中間三子就會被吃死。本題是黑先,
希望能救出這三子。
黑棋不願落後手。
┌●○┬┬┬┬┬┬┬●┬┬┬┬┬┬┬┐
●○○○┼┼○●┼○●┼┼┼┼┼┼┼┤
├●○┼┼○┼┼○●┼●┼┼┼┼┼┼┤
├●●○○●●●○┼●┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼○┼┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●○○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十六題 白先

提示:
白棋已有一眼,另一隻眼怎樣做?
如能打劫就是成功。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十七題 白先

規定白先就必定是白棋有利的結果。如果走成
「白先白死」那就是失敗。
不是無條件。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●●┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●●┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十八題 白先

提示:
白棋二子尚不安定,如何走才能做到攻守兼備呢?
開劫就算成功。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●○┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●○○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第二十九題 黑先

提示:
黑三子有三口氣。要攻白棋就必須做到心中有數。
打劫是失敗。
┌●○┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●○┼┼○┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●┼●○○●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●●●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○○●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼●●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


第三十題 白先

提示:
黑空較大,白棋若不使用非常手段是不能破壞黑棋
眼位的。
不入虎穴焉得虎子。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼●┼┼┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├●┼○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○┼○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤


取自:http://go.weiqi.url.tw/viewthread.php?tid=1225

創作者介紹
Ben

Benjamin部落格天地 (勳爸的GO天空部落格)

Ben 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()